ページの本文へ

Hitachi

HeartCore顧客体験価値を共創するCMS HeartCore(ハートコア)

「コンテンツマーケティングによって
作り出す顧客-3」

2016年7月22日

このエントリーをはてなブックマークに追加

コンテンツマーケティングによって作り出す顧客

前回のデジタルマーケティング報では、コンテンツマーケティングの進め方前半についてお話しましたが、今回は、コンテンツマーケティングの進め方後半についてお話していきます。

(4)コンテンツマップの作成

ペルソナやカスタマージャーニーマップからユーザーの購買行動を想定し、必要なコンテンツを洗い出し、コンテンツマップに落とし込みます。コンテンツマップを使い有効となるサイトのコンテンツをどのように構成していくかなどをカテゴリや階層などで可視化し、作りあげていきます。

実際に作成する手順としては、

①サイト構造を洗い出して可視化する
②コンテンツを追加する場所を決める

(5)キーワードの選定

コンテンツマーケティングを成功させるうえで欠かせない重要なものは、「キーワード」です。しかし、今まで説明してきましたが、単純に呼び込みたいキーワードを選んでいてはいけません。重要なのは、ターゲットとなるペルソナが実際に考えそうな事や行動しそうな事を事前に考慮してコンテンツキーワードを選定していくことが重要となります。

ターゲットユーザーが使いそうな検索キーワードを網羅的に洗い出し、作成したコンテンツマップの中のどの部分で、どのキーワードに注力していくのかを決めていくことがポイントです。

例えばこのような感じで考えてみるとどうでしょうか?

キーワードイメージ
例:キーワードイメージ

このキーワードの抽出が非常に重要になってきます。ですので、キーワードの数は可能な限り抽出してください。

(6)SNS(拡散対策の検討・実施)

いくら良いコンテンツを作ってもキーワードを顧客視点で選定しても、検索エンジンでの上位表示を実現し、顧客が能動的に集まってくるにはある程度の時間がかかります。広告を活用して情報発信し、集めることも必要ですが、情報の拡散という意味では、SNSの活用は欠かせないものとなっています。

ただ単純にSNSに商品などの情報を発信するだけでは意味がなく、SNS利用者が楽しめ、拡散したくなるようなものを結びつけて情報発信することが大切です。

SNSで情報を拡散してもらうためには、以下のようなことを考慮する必要があります。

・相手が誰かに話したくなること意識する
・キャンペーンはシンプルな方法で参加できる仕組みとする
・ソーシャルグラフ(ユーザーのつながり)を利用したものにする
・既存のファンの心理を利用し、ブランドへの思いを拡散させる
・属性別の利用メディア/時間帯などを把握する

上記以外にも考慮する点はありますが、最低でもこのあたりは押さえておきたい項目になります。

SNSの活用は、キャンペーンなどでのブランド拡散にも繋がりますし、属性情報もある程度取得できますので、SNSを通じての顧客関係性向上やどういった人たちに共感を得られているのかなど、今後のプロモーションやWebサイトにおけるコンテンツ企画の参考情報にもつながってきますので、拡散用途しかないと思わず、さまざまな視点でSNS活用も考えると良いでしょう。

以上の進め方を参考にし、コンテンツマーケティングを実践してみてはいかがでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

デジタルマーケティング戦略

最新記事

2016年07月22日

「コンテンツマーケティングによって作り出す顧客-3」

コンテンツマーケティングを実践するには、どこに着目し、何をどうしたらよいのでしょうか。今回は、コンテンツマーケティングの進め方(後編)を解説します。

2016年06月13日

「コンテンツマーケティングによって作り出す顧客-2」

コンテンツマーケティングを実践するには、どこに着目し、何をどうしたらよいのでしょうか。今回は、コンテンツマーケティングの進め方を解説します。

2016年05月25日

「コンテンツマーケティングによって作り出す顧客-1」

コンテンツマーケティングとはユーザーにとって価値のあるコンテンツを提供することで、ユーザーの意識改革や購買行動を喚起し、ユーザーとのエンゲージメントを作り出すためのマーケティング手法です。今回は、コンテンツマーケティングによるメリットを解説します。

デジタルマーケティング報へ

ご質問・ご相談・資料請求はこちら

お問い合わせお問い合わせ
電話でのお問い合わせはこちら 0120-346-401 受付時間 9:00~17:00(土・日・祝日は除く)

今すぐに資料が欲しい方はこちら

資料ダウンロード資料ダウンロード

当社スタッフが出張デモを行います

デモのお申し込みデモのお申し込み
  • ページトップへ