ページの本文へ

Hitachi

HeartCore顧客体験価値を共創するCMS HeartCore(ハートコア)

「インバウンドマーケティングが作る
顧客エンゲージメント」

2015年06月05日

このエントリーをはてなブックマークに追加

インバウンドマーケティングが作る顧客エンゲージメント

皆さんはインバウンドマーケティングというキーワードを耳にしたことはありますか?

このインバウンドマーケティングが昨今、顧客エンゲージメントを高める手法として注目されています。
このワードは、マーケティングに従事されている方であれば、聞きなれているのではないでしょうか。数年前までは、PULL型マーケティングなどと呼ばれていたこともあります。

インバウンドマーケティングとは

インバウンドマーケティングについてお話しする前に、対になっているアウトバウンドマーケティングについても軽く触れておきましょう。
アウトバウンドマーケティングは皆さんも多く体験されていると思いますが、サービスを提供している企業が主体で情報などを送ってくるといったマーケティング手法になります。わかりやすいところで言えば、DMやインターネット広告、テレマーケティングやテレビCMなどです。

インバウンドマーケティングは、ユーザーが主体になって情報を集めることを前提に見つけてもらうためのマーケティング手法のことを言います。

では今なぜ、インバウンドマーケティングが注目されているのでしょうか?理由は想像つきますか?

それは現代の時代背景が大きく影響していると思います。世の中に情報があふれ、ユーザーは自ら興味を持ち、必要な情報をいつでも探せる環境が整ったことにより、企業から一方的に送付される情報よりも、自主的に集めた情報を活用・信用する傾向が強くなっていることが理由ではないでしょうか。

4つのステップ

では、インバウンドマーケティングって何をすれば良いのか?それは下記の4つのステップを実施することです。

1.潜在顧客を惹きつける
2.見込み客へ育成する
3.顧客化する
4.顧客を満足させる

この4つのポイントそれぞれにおいて顧客とのエンゲージメントを高めていくことがポイントです。その中でも最も重要で実践する上で難しいのは、潜在顧客を惹きつけることです。ブランド認知がされている場合は比較的容易に実践できるかと思いますが、ブランド認知があまりされていない場合は、数ある競合他社の中から自社を選んでもらえるような、アプローチ(見つけてもらう方法)をさまざま考える必要があります。

例えば、この「潜在顧客を惹きつける」ステップで実施したほうが良い施策としては、ブログやソーシャルメディア、自社のWebサイトを活用することです。
とはいえ、単純に情報を発信しておくだけでは意味がありません。具体的にターゲット顧客の視点や思いに立ち、顧客ニーズを理解した上で適切な情報を発信していかなくては顧客ニーズにマッチせず、興味を持ってもらえない、集まらない、情報拡散しないなどインバウンドマーケティング施策自体が無駄になってしまう可能性が高くなります。

潜在顧客を惹きつけることは以後の顧客育成、最終成果目標を達成する上でとても重要なことです。

長期的な顧客関係性を築くために

ここで一つ理解しておかなくてはならないことは、アウトバウンドマーケティングに比べインバウンドマーケティングは成果や効果がでるまである程度の時間を要します。ただ、諦めずに実践することで、アウトバウンドにはない、長期的な顧客関係性が築け、結果、費用対効果的にも高い施策になることは間違いないものです。

現在、インバウンドマーケティングを実施するにあたって、さまざまなツールがリリースされていますが、まずは、自社が向いているのかを理解した上で、どのように実施すべきかを検討していくことが、インバウンドマーケティング成功の秘訣になります。

インバウンドマーケティングセミナー

そこで今回は、インバウンドマーケティングセミナーを2015年7月2日(木曜日)に開催し、インバウンドマーケティングが受け入れられる背景や、どのように実践するのかを解説します。
インバウンドマーケティングが気になる、気になるがどうすれば良いのかわからないなどと思われている方々は、是非この機会に足を運んでみてはいかがでしょうか。

お申し込みはこちらから

本セミナーの受け付けは終了しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

デジタルマーケティング戦略

最新記事

2016年07月22日

「コンテンツマーケティングによって作り出す顧客-3」

コンテンツマーケティングを実践するには、どこに着目し、何をどうしたらよいのでしょうか。今回は、コンテンツマーケティングの進め方(後編)を解説します。

2016年06月13日

「コンテンツマーケティングによって作り出す顧客-2」

コンテンツマーケティングを実践するには、どこに着目し、何をどうしたらよいのでしょうか。今回は、コンテンツマーケティングの進め方を解説します。

2016年05月25日

「コンテンツマーケティングによって作り出す顧客-1」

コンテンツマーケティングとはユーザーにとって価値のあるコンテンツを提供することで、ユーザーの意識改革や購買行動を喚起し、ユーザーとのエンゲージメントを作り出すためのマーケティング手法です。今回は、コンテンツマーケティングによるメリットを解説します。

デジタルマーケティング報へ

  • ページトップへ